「Webデザイナー」は、パソコンスクールにくる求人職種の中でももっとも多い職業といわれています。

基本的なスキルはもちろん、ワンランク上の技術「Flash」なども身につけておくと、差がつけられ企業に必要とされる機会も多くなるでしょう。

HTMLとCSS、デザイン系ソフトが必須

まず、絶対必要なスキルは、HTMLとCSS、Photoshop&Illustratorです。プロの「Webデザイナー」になりたい場合は、ホームページ製作ソフトを使ってデザインができれば通用するのではありません。
今、求められているのは、基本のHTMLやCSSから、難しいFlashなど総合的にWebデザインを習得して表現できる人材です。

さらに、デザインに加えてプロデュースやディレクションもできれば、相当重宝されます。最近急拡大しているのがモバイルコンテンツ制作企業。供給が足りないくらいです。この業界への転職もお薦めかもしれません!

Webデザインの現場

「Webデザイナー」の現場では、けっこうなスピードが要求されます。ニーズのある仕事ゆえに、仕事が入ってくるのは頻繁で、それを納期に間に合わせなければいけないのです。そのため作業スピードが要るのです。

また、デザイナーとはいっても、絵がヘタでもファッションセンスが悪くてもなれるのが「Webデザイナー」ともいえます(笑)。

クライアントがもとめる雰囲気で、見やすいホームページを、納期までに上げるのがWebデザイナーの仕事なのです。
素材パーツを組み合わせたり、素材のを加工したり、ロゴ・背景作ってなどは、ソフト知ってれば、センスとは別問題の仕事です。効率的処理の仕方を、スクールでマスターすると良いでしょう。

「Webデザイナー」にとって必須の条件

「Webデザイナー」を目指すには、パソコン教室で必要なソフト、たとえば、PhotoshopやHTMLなどを覚えて、パソコン操作が早い人になるのが先決です。スキルに作業効率が一番大事で、センスは二の次の世界です。

むしろ凝ったサイトなどは、ホームページが重過ぎて、動きが遅くなるため、どんな(遅い)パソコンでもアクセスしやすい、見やすいホームページを心掛けることが求められるのです。サイトのイメージと合うようにさえできれば、あとは適度なクオリティとスピードが必須の条件といえます。

実際に仕事をしてみると、Webデザイナーだけではなく、ディレクション、企画、コーディング、SEO対策、ユーザビリティ、サイト構築なんかもしないといけなくなってくることもあります。デザイン以外のパソコンの雑事も必要になってくるようです。パソコン教室に通ううちに、これらの技術も学んでおくと良いでしょう。